真実は安い!!コスパ無双 ワイヤレスイヤホン SOUNDPEATS TRUEBUDS

GT MAXXからのお知らせ

大宮のギター教室 GT MAXXは

新規入会生を募集しています。

お問い合わせはinfo@gtmaxx.comまで

GT MAXX YOUTUBE CHANNEL

チャンネル登録お願いします!!





コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン

今回は SOUNDPEATSのワイヤレスイヤホンを紹介します。

今回紹介するイヤホンはSOUNDPEATSの完全ワイヤレスイヤホンTRUEBUDSです。

これは先月中旬のaliexpressのセールで購入しました。
注文してから34日かかりましたねw
翌日、発送してからシンガポールで1ヶ月滞在し日本に来ました。

買ってから技適マークの事に気がついて、やっちまったかな?と思ってましたが、ちゃんと技適マークついてました!!

TRUEBUDSは主流のカナル型ではなく、Air Podsに代表されるようなインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセルには対応していません。

ケースはモバイルバッテリーにもなる

ケースは少し大きめですがこれには訳があります。
ケース自体が2600mAhのモバイルバッテリーになっています。

ケースにはUSB端子が2つありType-Cは充電用。
Type -Aはモバイルバッテリーとして給電用の端子になります。

充電はUSB TYPE-Cを使うので従来の2倍の早さで充電ができます。

給電はiPhone11をフルで充電するには、ちょっと足りないぐらいの容量ですね。

ワイヤレスイヤホンとケースは一緒に持ち歩くのでいざという時に便利そうですね。

モバイルバッテリーとして使わずケースで充電しながらイヤホンを使う場合、最大70時間再生との事です。

イヤホンのケースのはまり具合もしっかりしています。

機能

BLUETOOTH5.0対応。
中華製によくある名ばかりの5.0とは違い抜群の接続の安定感です。
コントロールの反応は若干遅いかな程度ですね。

対応コーデックはSBCのみです。
(編注・AACも対応しています。)

振動板にバイオセルロース素材を使用した
直径14.4mmのダイナミック型ドライバーを使っています。

電源ONはケースからイヤホンを取り出すと自動でONになります。
OFFはケースにしまうとOFFです。手動でもON/OFFできます。

左右のマルチボタンで色々制御できます。

音量は右がアップ、左がダウンでそれぞれ1タップします。

曲の頭に戻る時は左を1.5秒長押しします。
次の曲に進める時は右を1.5秒長押しします。

2タップで再生/停止のコントロールができます。

電話受信や通話終了も2タップして下さい。

着信拒否は1.5秒の長押し。

通話切り替えは2秒の長押し。

音声アシストは3タップで起動します。

購入経緯

で、TRUEBUDSを買った理由ですがSENNHEISERのヘッドホンで満足して新しいのはもういらないかなと思ってましたが、

夏が近づくにつれ耳が暑くて仕方ない状態な上に、マスクもしていて熱中症になるのではないかと思うくらい、暑さに耐えられなかったので良いイヤホンを探していました。

僕はカナル型が苦手なので、カナル型のイヤホンを除いたインナーイヤー型のイヤホンだとほとんど選択肢が無い状態でした。

その時、たまたまaliexpressでセールでTRUEBUDSが売っていて、SOUNDPEATSの製品に興味があったので買いました。
まさか1ヶ月以上待たされるとは思ってませんでしたけどねw

音の評価

お待たせしました。
それでは肝心の音質の評価です。

SOUNDPEATS TRUEBUDSの評価は

4.7点です。

今のところ最高得点ですw

本当に超自然な音

チューンナップしつくしたハイファイ・オーディオのようなNOBLE AUDIOのFALCONとは真逆のサウンドです。

この辺は各自の好みの問題なんですけど、僕はTRUEBUDSの方が好きですね。

少しだけハイが足りない気がしますが、ハイがよく出るイヤホンは短時間で耳が痛くなる事に最近気がついたのでその点は問題ないでしょうw

こんな小さいサイズでヘッドホン並みの音質って作れるんだな。と、思うくらい聴いていて楽しいイヤホンです。

Sennheiserなくてもいいかなと思うくらい気に入ってます。

カナル型に愛されていない僕の耳ですがこのインナーイヤー型にはピッタリはまり落ちにくいので、カナル型と相性が悪い人はTRUEBUDSオススメです。




イマイチなところ

ここからはイマイチなところです。
最初に言った通りTRUBUDSは1ヶ月かかって届来ました。
当然、バッテリーは空になっていました。

その状態で充電をするとモバイルバッテリーが内蔵されているせいかかなりケース全体が暖かくなっていました。

それにつられイヤホンも暖かくなってます。
特に充電する金属の部分は熱くなるので、少し冷ましてから耳につけた方が良いでしょう。

次のイマイチなところ。

以前買ったANKER POWER PORT ATOM III slim (4ports)で
充電しようとしたところ、全く反応しませんでした。

TYPE-Aしか試してませんが全く反応しませんでしたね。
ケーブルを変えずコンセントから充電したら、すぐ反応したのでケーブルのせいではないですね。

原因はわかりませんが、こういった現象が起こるのは残念ですね。

エンディング

今回はANKER SOUNDPEATS TRUEBUDSを紹介しました。

正直最初はAir PodsのパクリなのにTRUEは無いだろと思ってましたが、音はかなり良いのでTRUEを名乗るだけあるなと思いました。

SOUNDPEATSのHPdato定価は5231円ですが、今、AMAZONで買うと1000円引きのクーポンがついてくるのでかなりお得です。
1ヶ月末気概があればaliexpressで買うのもありですw

ノイズキャンセルの有無に拘らず、良い完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方や学生で高いイヤホンは買えないけれど良い音で音楽が聴きたい方におすすめです。