◯7th(b9)と半音上のディミニッシュコード

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
G7(b9)のb9を一番下の音にもっていき、半音で音がぶつかるのでルート音「ソ」を除外(オミット)すると、Abdim7のコードと同じコードになります。

Abdim7は「各音が短三度のインターバル」である他に、1つ飛ばした音は増四度、もしくは減五度のインターバルになりトライトーンが2つ存在するコードになります。
非常に不安定な音になりますが、Cm7に解決する時に解決感がでてきます。

◯7th(b9)の時に半音上のディミニッシュコードを弾く事は定石で、ギターの場合は3Fずらせばコードが転回できるので覚えておきましょう。

(コード間をスライドで移動するとかっこいいです。)

またマイナーに解決するドミナント7thコードが出てきたら、半音上のディミニッシュ・コードのアルペジオが弾ける事もできた方がよいです。
ディミニッシュのアルペジオはイングウェイをはじめとしたネオクラシカル系をやりたい場合は必須です。

(Abdim7のアルペジオ往復可能です。コードはG7(b9)で弾いてみましょう。)




なぜドミナント7thコードから戻ると落ち着くのか? マイナー編