【動画】お手軽USBマイク「SONY ECM-PCV80U」レビュー。ノイズ除去もやってみた。

GT MAXXからのお知らせ

大宮のギター教室 GT MAXXは

新規入会生を募集しています。

お問い合わせはinfo@gtmaxx.comまで

GT MAXX YOUTUBE CHANNEL

チャンネル登録お願いします!!





(動画内ではBLOG未収録のマイクのセッティングについて話していますので要チェック!!)

今回はSONYのエレクトレット・コンデンサー・マイク 「ECM-PCV80U」を紹介します。

USBマイク SONY ECM-PCV80U
USBマイク SONY ECM-PCV80U

これは兄が使うために購入したものを借りてきました(2回目w)

(↑一回目)

マイク入力は費用がかかりがち

このマイクはUSB経由で直接パソコンに音声を入力できるものなのですが
本来マイクをパソコンへ取り込むためにはオーディオインターフェースというものが必要になります。

以前紹介したプリソナスのiTwoはオーディオインターフェースですね。

このやり方だとマイクの他に費用がかかるので敷居が高くなりがちですが、
ECM-PCV80U単体で使え、価格も5000円を切るのでかなりお手頃なマイクです。

オーディオインターフェイス Presonus iTwo
オーディオインターフェイス Presonus iTwo

距離による音の違い

録音した音です。
まず入力の音量は下げて設定しています。
これ以上げると音が割れていました。

オーディオ1は20~30cmぐらいの距離から
オーディオ2はマイクに近づいて録音したものです。

オーディオ1は距離があるので音が小さいですね。
オーディオ2は接近しているので音が大きいです。

マイクの距離による音声の比較

YOUTUBEでこのマイクのレビューを観ていたら、
ホワイトノイズが多く音がイマイチだったので
あまり期待していませんでしたが、
実際、使ってみると結構いいですね。

入力の音量が大きすぎるとホワイトノイズが
大きくなるので、適切な入力の音量を探してください。



テレワークで使う場合

テレワークで使う場合、
iPhoneやMAC BOOK AIRに内蔵されている
マイクの性能はSONYのマイクよりいいので
Apple製品を使っている人には必要ないですが、
アンドロイドのスマホやウィンドウズのPCで
音がイマイチだなあと感じる方には
ちょうどいいとマイクだと思います。

注意点としてはコンデンサーマイクなので
ポップガードがあった方が、
パピプペポの破裂音のノイズ対策や
マイクに息がかからなくするようにしたり
ツバがかかってダメになるリスクを下げられるので
ポップガードは用意した方がいいです。

ポップガード
ポップガード

ノイズを消してみた

最後にノイズを除去してみましょう。
Audacityというソフトがあり、僕はそれを使っています。

Audacity HP
https://www.audacityteam.org

まず、Adacityを起動させオーディオファイルをドラッグします。
動画をそのままドラッグしても使えます。

まずノイズだけ鳴っている部分を指定し
エフェクトからノイズ除去を選びます。
Step1の「ノイズプロファイルの取得」をクリックし
ノイズの成分をソフトに分析させます。

分析し終わったらコントロール+Aでオーディオ全体を選択し
再び「エフェクト>ノイズ除去」を選びます。

Step2の設定を行いますが設定はよくわからないのでデフォルトのままにしOKボタンをクリックします。

これでノイズが消えます。

ノイズ除去前とノイズ除去後比較

もっと簡単なやり方があると思いますが
無料ソフトであればこれが一番簡単だったのでオススメです。

SONYのマイクはノイズを除去する
ひと手間かければ安い割に使えるマイクなので
これから動画を始める人や、テレワークで使いたい人にはオススメです。

USBマイク SONY ECM-PCV80U
USBマイク SONY ECM-PCV80U