ステージで演奏する曲について

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
蓮田の発表会が今週末にあり仕上げのレッスンをやっています。

発表会に限らず、曲を完成させる時期について思い違いしている人が多いなと感じたのでブログに書こうと思います。

ステージで曲を披露する前日までに完成させればOKと考えていませんでしょうか?
初心者でいっぱいいっぱいの場合はOKですが、ある程度曲が弾ける場合はその考えは捨てて下さい
披露直前にギリギリ完成したような深みも余裕も無い演奏を聴いても誰も感動しません。
(プロの場合は別です。)

最低でも2ヶ月前に完成させ本番では目を瞑っても弾けるぐらいの感じにしましょう。
この2ヶ月前の時期からは完成度を上げる期間なので、この2ヶ月をきったら「絶対に新しい曲には手を出さない」で下さい。
完成度を上げる時期に新しい曲に手を出すと、ライブなら他の曲の練習が減ったり、最悪の場合間に合わない可能性があり、ライブ全体のクオリティの低下のリスクにつながります。

実例としては発表会2ヶ月前に曲を変えたいと生徒からの要望があり、間に合わない可能性があるし、いい演奏ができるか保証できないと伝えてから曲を変えました。
学園祭の1ヶ月前に曲を増やしたいとバンドメンバーに言われ困っている生徒に、完成度を上げる時期だから新曲は来年にしようと伝えた方が良いと話した事があります。
私自身も王道プログレバンドでライブの直前に完成した曲を演奏した事がありますが、まあ結果は上に書いた通りでしたね〜w

リスクが高い割りにリターンが少ないのでギリギリになって曲を増やすのはやめておいた方が良いでしょう。

完成度を上げる時期にやるべき事は次のブログで書く予定です。

完成度の上げ方