スライドを練習しよう

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXは
新規入会生を募集しています。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
初心者から初級者に入り立ての生徒に対し教え始めたのがスライドです。

スライド

音を弾いた後、ピッキングせずにフレットを移動する奏法

(注・スライドバーを使った奏法はボトルネック奏法です。)

スライドのいいところは力加減とフォームを正しく知る事ができる事です。

力加減については強く押さえたり、親指に力を入れ固定するとフレットの移動ができませんし、無理矢理移動するとフレットが指先に当たって痛くなりますw
(ソースは俺w)

逆に力を抜きすぎるとフレットの移動の途中で音が途切れます。

解決策

ではどうすればいいか、最初に書いた通りスライドは力加減とフォームを正しく知る事ができるようになります。力加減を知るのは難しいですが、弦を正しく押さえるフォームは気をつければ誰でもできます。

指の第一、第二関節を曲げ、指先で弦を押さえる

というフォームの基本的な事ができていれば、スライドする時の力はさほど必要ない事がわかってきます。
(手の平なども正しいフォームが大切です。詳しくは過去のエントリーにて)

指練習について

初心者から初級に入りたての生徒に対しこれを始めたのは、そのレベルは

ギターに慣れてきて雑になりがち

だからです。

基本ができていないと簡単な事もできないという事を体で理解して頂いていますw

譜例

色々な指やリズムで演奏してみましょう。
レッスンではこれにハモリを加えて練習しています。