ハイクオリティすぎるのも考えもの

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXは
新規入会生を募集しています。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
15年ぐらい前に超低温で分子レベルの乱れを整えるCRYO処理(クライオ処理)されているエフェクターがありました。

その時期に小川銀次さんの家でギターを習っていて、CRYO処理されたチューブスクリーマー(以降、TS)があったので、CRYO処理されたTSってどうですか?と聞いた事がありました。

銀次さんに

TSなのにドンシャリw

って言われて爆笑した記憶があります。
音変わりすぎでしょw

中域の音がTSの特徴なのに、それを殺してまでハイクオリティなものはいらないですね。

歪み系エフェクター入門3 メーカーと定番機種 TS系編

逆にCRYO処理が効果的そうなものとして考えられるのは、ハイにピークがあるT.C.Electronicの製品や空間系のエフェクターなんかは良さそうですね。

追記
しかし、CRYO処理の製品もめっきり見なくなりましたね。

Ibanez TS-9

T.C. Electronic NOVA DELAY
NOVA DELAY