ピッキングのやり方を変えた時の副作用 ギター弦編

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXは
新規入会生を募集しています。
お問い合わせはakz@analogkidz.comまで

 
ピックがすぐダメになるのはピックの素材を変えることで解決しました。

ピッキングのやり方を変えた時の副作用 ピック編

ピックが硬くなった分、今度はピッキング時に弦が必要以上に振動するようになり演奏しずらくなりました。
目で確認できるぐらいにグワングワンに揺れてましたw

当時はダダリオの09-42とかなり細い弦を使っていて、テンションがゆるくピッキングの衝撃を耐えられなかったのが原因です。
安定感がなく弾きづらいし、ここからレイヴォーンみたいな弾き方したら終わるなと思い、弦の太さを09-46に変えました。

太さを変えると弾きづらくなるものですが、09-42を使っていた最後の方はテンションが緩すぎて弾きづらかったので、弦を太くし安定感が増したのでかえって弾きやすくなりました。

弾き方を変えるだけで使う道具も変わるものだなと感じた瞬間でした。