ピックの厚さによる音の違い

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXは
新規入会生を募集しています。
お問い合わせはakz@analogkidz.comまで

 

ピックの厚さはHISTORYのHARDを使っています。最近ピックを買った時に間違えてEX.HARDを混ぜて買ってしまいました。
(大抵、お客さんがちゃんと戻さないから混ざっているのは、店でピックを買う人ならわかるはず。以前MEDIUMも間違えて買った事があるw)

まあ、確認しなかったのは自分の責任なので仕方ないので、試しに厚さで音や弾いている感覚が変わるのか試してみました。

EX.HARDはHARDに比べ音は太いけれど、アタック感=音の立ち上がりが悪いように感じました。ジャズとかやっている人には結構良さそうですね。
あとHARDの時と同じ感覚で弾くと抵抗感が増すので、より力を抜く事を気をつけないといけませんね。

MIDEUMはアタック感はあります。弦を弾いた後にピックが定位置に戻ってくるスピードが遅いように感じました。感覚的すぎて申し訳ないけれど弦にまとわりついている感じです。速弾きとかやり辛そうと感じました。

HARDはアタック感、音の太さ、定位置に戻ってくるスピードがちょうど良いので、やっぱHARDだな!と思った次第。

やりやすい道具でやっていると上達しないので、EX.HARDが手元にある内はあえてやりづらいピックで弾くのもありかなと考えています。