元凶は親指

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
昨日は力の入れすぎで左手が掌底のような形になる話を書きました。

掌底までいかずとも手に力が入っていると小指の第二関節が曲がらずつっぱった状態になったりします。

全ては親指に力を入れ過ぎている事が原因だと考えます。親指に力が入らなければ他の部分に力が感染する事が無くなるので指がつっぱったり、掌底の形になったりはしません。

ホールズワースのコードの練習時に無意識でやると力が入りまくって、掌底の形や小指のつっぱりが出ていたので慎重に力の加減や親指の位置を気にしながら弾いていたら、最初の頃に比べだいぶ力が抜け指がつっぱらなくなり、掌底の形も緩和してきました。(それでもまだ全然駄目。)

久々のこういう経験だったので生徒の気持ちがわかりました。
生徒皆さん普通のコードで力入れすぎですw

とにかく弦を押さえている指先のみ力を入れ他は力を抜く。もしくは入れた力をどうやって抜くか考えながら練習するといいですね。