同じドミナント7thコードでも出身地が違う マイナー編

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
メジャー編はこちら

同じドミナント7thコードでも出身地が違う メジャー編

マイナーキーにおけるドミナント7thコード

コードの発生

ハーモニックマイナースケールとドミナント7thコード

Cマイナーコードに解決する時のドミナント7thコードはハーモニックマイナースケールから生まれます。

ex1 Cハーモニックマイナースケール

ナチュラルマイナーではなぜいけないのか?

Cナチュラルマイナースケールだと5番目の音「ソ」から3度堆積をするとGm7のマイナー7thのコードになりドミナント7thのコードは生まれません

ex2 Cナチュラルマイナースケール

ex3 Cナチュラルマイナースケールの「ソ」から3度堆積したコード

ドミナント7thコードを発生させるには?

Gm7からCm7に解決する事はできますが物足りない感じになり、より解決感を作るためにはドミナント7thコードが必要になります。
そのためにはGm7の3rd「シb」を半音上げて「シ」にすればG7になります。

(Gm7よりG7の方が解決感が高まる理由は別に書く予定です。)

ex4 Gm7とG7の音の違いの確認

(違いは「シb」か「シ」の差。)

ハーモニックマイナー爆誕

Cナチュラルマイナースケールの「シb」を半音上げて「シ」にするとCハーモニックマイナーになります。
ハーモニックマイナーは日本語では「和声的短音階」と呼ばれコードの事情で作られた音階になります。

ex5 CナチュラルマイナースケールとCハーモニックマイナースケール


(違いは「シb」か「シ」の差。)

ハーモニックマイナーから発生したコードトーンとテンションノート

Cハーモニックマイナーの5番目の音から3度堆積をするとG7のコードになります。

ex6 Cハーモニックマイナースケールの「ソ」から3度堆積したコード

そこからさらにテンションノートとして「ラb」「ミb」が発生します。それぞれb9th、b13thと呼ばれます。
「ド」の11thは相変わらずコードの機能を壊すのでアボイドノートになります。

ex7 G7のテンションノートを

メジャーコードの時にテンションノートは装飾的に使うと書きましたが、
マイナーコードのテンションノートのb9thはマイナーに解決する時におこる不具合を補佐するために使います。
詳しい事は違う機会に書きますので、「b9thは重要」と覚えて下さい。

まとめ

ex8 Cハーモニックマイナーから発生したG7のコードトーンとテンションノートまとめ




まとめ
・マイナーに解決するドミナント7thコードは、そのKEYのナチュラルマイナーから発生しない。
 
・ドミナント7thコードを発生させるためハーモニックマイナースケールを使う必要がある。
 
・ドミナント7thコードはハーモニックマイナースケールの5番目の音「ソ」から三度堆積し四和音にしたもの。
 
・コードトーンはRoot「ソ」,3rd「シ」,5th「レ」,7th「ファ」。
 
・テンションノートはb9th「ラb」,b13th「ミb」。
 
・アボイドノートは11th「ド」。