弦交換時の注意点

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
弦を交換する時、ペグ(音程を調整するやつ)の穴に逆方向から弦を通す人がたまにいます。

何回かやれば慣れますが、早めに間違えないようにする考え方として、

弦は内側から外側へ向かってはる。ペグで弦を巻く時もその方向に従って巻いて下さい。

それでは写真を見てみましょう。まずはストラトから

ストラトはペグが一列に並んでいるので全部同じ方向に巻きます。
矢印が示している方向(反時計回り)に弦を巻いて下さい。

次にレスポールやクラシックギター、アコギなどの3X3でペグが並んでいる場合です。

弦をペグの穴に通す必要があり内側から外側へ通して下さい。
弦が太く、音程が低い4~6弦はストラト同様反時計回りにペグを巻いて下さい。
弦が細く、音程が高い1~3弦は時計回りにペグを巻いて下さい。

縦で説明していますがチューニングや弦の張り替えは、ギターを横にして弦を巻くので反時計回りとか覚えるとややこしくなりがちです。

ここは単純に「内側から外側に向かって弦を巻く」事だけ覚えて下さい。