運指 クロマチック6 リズムの取り方を変える1

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
クロマチックの応用編です。

指練習の際、足でリズムをとる事を当然のようにやっていると思います。

、、、やっていない場合は必ず足でリズム取って下さい。

クリックを鳴らす場合、通常は拍の頭で鳴らします。

今回はこれを変えて8分の裏で鳴らしたり2拍目、4拍目で鳴らしリズムの強化をします。

まずはクリックを8分の裏で鳴らしながら指練習をやってみましょう。

譜面です。

譜面の説明です。

譜面のバツの部分は足のカウント音符の部分はクリック音です。

やってみるとわかると思いますがクリックに合わせようとします。

その場合、クリックに頼ったリズムの取り方になるので、ライブなどでは役に立ちません。

クリック中心の取り方ではなく自分の足(=自分自身)が中心でリズムを取って下さい。

クリックはずれていないか確認程度のものと考えて下さい。
(ずれたらすぐわかりますので)

8分裏の練習は1拍の長さが均等になる練習としては最適です。

反面、リズムが狭くなりがちでグルーブ感やスイング感などスクエアでなく、うねりのあるリズムにはなりません。

とはいえ、1拍の長さがいい加減でグルーブ感やスイング感などのリズムの表現の部分にいくのは無謀なので8分裏は練習して下さい。

POINT・クリックに合わせるのではなく、自分でリズムを取る
・クリックは確認程度で
・1拍の長さが正確になる
・反面、リズムが狭くなりがち

指練習カテゴリー
https://gtmaxx.com/category/まとめ/指練習/