運指 ペンタトニック1 マイナーペンタトニック

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
Pre Stepでドレミファソラシドを
弾けない音楽家って何なん?と
書きました。

同様にマイナーペンタトニックは
ギタリストなら何も意識しなくても
出てくるようにして下さい。

ペンタトニックとは何ぞや?
という話は明日書きます。

まずはペンタトニックを
ダイアグラムを見ながら弾いてみましょう。

今日弾くのは6弦5fから始まる
Aマイナーペンタトニックです。

1本の弦に対し2音しかなく、
運指も2パターンしかないので
覚えやすいです。
ギタリストなら弾けて当然と
書いた理由がわかると思います。

1本の弦に対し2音なので
オルタネート・ピッキングの
練習にも最適で、

スケールを上がる時には
人差し指はダウン・ピッキング
逆に下がる時は
人差し指はアップ・ピッキング

で弾く事ができます。

まあ、こんな事を書かなくても
ダイアグラムを見て弾いた時に
呼吸をするようにオルタネートで
弾いていると思いますが!?
(皆さんギタリストにとっての
常識というのもこの世にはあります。)




ペンタトニックの運指は
「指練習」と「ブルース」の
2種類あると考えていて、
始めて弾く時「ブルース」の方は
往復する時に押さえる指が変わる為
初めて弾く人には不向きです。
(生徒で実証済みw)

それなので、まずは「指練習」の
運指でペンタトニックスケールを
覚えましょう。

Aマイナーペンタトニック(PDF)

(クリックすると拡大されます。)

スケールの往復を書いた譜例です。
譜面では四分音符で書いていますが、
テンポが速くついていけなければ
長さを倍にして二分音符で弾き、
慣れたら八分音符や十六分音符で
弾いて練習して下さい。

二分音符や四分音符であっても
オルタネート・ピッキングで
弾いて下さい。

なぜなら八分音符や十六分音符で
弾く為の練習なので音の長さが長く
余裕がある時に
オルタネート・ピッキングを
習慣にさせる必要があるからです。

こうやってギタリストの常識を
一つずつものにしていきましょう。

指練習カテゴリー
https://gtmaxx.com/category/練習のヒント/指練習-練習のヒント/