運指 ペンタトニック5 ジョイント

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
まずエクササイズから


(クリックで大きく表示されます。)

以前、書いたエクササイズの複合です。

指練習 スケール2 ペンタトニックとは?

指練習 スケール3 ペンタトニック ブルース1




今回の練習のポイントは
Jが下に書かいてある同じフレットで
違う弦が続く場所の弾き方です。

このようなフレーズが出てきた場合、
1本の指で音が重ならないように
弾き分ける必要があり、

これをジョイントと呼びます。
(なのでJと表記されています。)

Jと書かれている最初の場所の
4弦4Fを押さえる時の指の使い方は
指先ではなく指の関節を逆ぞりさせ
指の腹で押さえます。

次の5弦5Fを弾く時に指を立てて
指先で押さえます。
(4弦5Fは指を立てる時に弦から
離れるので音が鳴らなくなります。)


(注意・人差し指を目立たせる為に
他の指はわざと遠くに離しています。
実際の演奏でこんなに離す事はしません。)




エクササイズ例では人差し指と薬指で
ジョイントをする箇所があるので
集中的に練習して下さい。

ジョイントは音が重ならないようにと
書いたけれど、正確には認識出来ない
レベルでは重なっています。

完全に重ならないようにすると
音がブツ切れ状態になり、
音のつながりが悪くなります。

逆に重なりすぎると2つの音が
重なっているように聴こえるので
単音ではなく和音になります。

この辺は音を出して演奏し、
録音したものを自分で確認する事で
認識するしかありません。

ジョイントができるようになると
フレーズに幅が生まれるのと
指先のコントロールが良くなるので
他のプレイにも良い結果が生まれます。
練習あるのみですね。

追記
指練習を2〜3日に1本と書いたけど
週1か多くて2になりそうです。

指練習カテゴリー
https://gtmaxx.com/category/練習のヒント/指練習-練習のヒント/