指練習について

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
最近はレッスンであまりやってないですが、
改めて指練習の重要性を再認識しています。

まず、右利きの人が左手の小指や薬指は
日常生活で滅多に使わないので、
最初は動かなくて当然です。

左手の指を動かす事に慣れさせる為に、
半音階が連続するクロマチックの運指は有効だと考えます。

フォームの注意点として、

「必ず第一、第二関節を曲げ」

「指先で弦を押さえる事」

です。

関節が伸びていると弦をおさえた時に
正しく力が弦に伝わりません。

そうすると音を出す為に必要以上に
力がはいる為、各指のバランスを崩し、
イコール力みの原因となり、
手をいためる原因にもなります。

クロマチックで小指が届かない、
伸び切った状態になる場合は
手の入り方がネックに対し
斜めになっている事が原因です。

以前ブログにも書きましたが、
基本的に手をネックと
平行に入れる事を意識しましょう。

コードを押さえる時の手の入り方

また、ピッキングの練習にもなるので
全部ダウンではなく、
ダウンとアップを繰り返す

「オルタネート・ピッキング」

で、必ず弾いて下さい。
(これを書かないと大抵の人が
ダウンのみで弾きます。)

ストロークの時は大きく振る事を
意識すると書きました。

単音弾きの場合はその逆で
無駄なく最小限の動きで弾いて下さい。

傾向として振りがストロークは小さく、
単音弾きは大きくなりがちです。

最小限の動きをする

明日からは指練習のエクササイズを
いくつか掲載し注意点などを書きます。

POINT・指の関節を曲げる。
・指先で弦を押さえる。
・手はネックに対し平行。
・オルタネート・ピッキング。
・最小限の動きで弾く。