日本初レビュー!カメラ用マイクの超新星 mamen mic-07【aliexpress探訪】

GT MAXXからのお知らせ

大宮のギター教室 GT MAXXは

新規入会生を募集しています。

お問い合わせはinfo@gtmaxx.comまで

GT MAXX YOUTUBE CHANNEL

チャンネル登録お願いします!!




mamen mic-07

今回はmamenのカメラ用マイク mic-07について話します。


(mamen mic-07 PRO)

このmamenという会社は中国の深センにある会社でHPを見るとマイクの他にワイヤレスシステム、カメラ用ライト、カメラ用のリグなどカメラの周辺機器をメインに取り扱っています。

最近、深セン付近でこの手の会社が増えてきましたね。

Aliexpressで見かけ気になったので、Youtubeで検索してみたところ東南アジア系の動画が多かったので、最初はタイとかインドネシアの会社だと思ってました。

このmamen mic-07は先日紹介したsoundpeatsのtruebudsと同じaliexpressのセールで購入しました。
購入金額は大体2000円ちょっとですね。

Truebuds同様シンガポールで1ヶ月の滞在の後、31日かかって手元に届きました。

7月に入り中国からのEMS、国際スピード郵便が解禁されたのでその混乱で遅れたのかもしれません。

サウンドテスト

細いスペックは後回しにしてサウンドテストからいってみましょう。

a6300

mamen mic-07
0db

+10db

お楽しみだった皆様悲報です。お聴きの通り結構まともなマイクですw

クセが少ない音質、低ノイズで激安のマイクなので気になる方にはオススメします。

同梱物&スペック


それでは同梱されているものとスペックです。

付属品は日本語も対応している説明書

風防、モフモフですね。

カメラ用ケーブル

スマホ、タブレット用ケーブル

USB TYPE-A、マイクロUSBケーブルになります。

Mic-07は充電バッテリー対応なので充電をする必要があり、このTYPE-A、マイクロUSBケーブルで充電します。

上の方に電源ON/OFFがありONは0dbと+10dbと音量が選べます。

電源の横にリアルタイムモニター用のヘッドホンジャックがあります。

マイクとホルダーが外れ、スマホに直接つけるプラグがありますがiPhoneだと3.5mmの端子がないので外す場面はありませんね。

マイクの後ろにアウトの端子があり、先ほどのカメラやスマホ用ケーブルをつなぎます。

マイクの指向性は説明書を見る限りスーパーカーディオイドですね。
正面から来る音をより拾うように設計されています。

気になる点はカメラの上に置いているので、ヘッドホンで聴くとカメラの動作音が少し気になりますね。

この手の音が気になる場合は、こういったカメラ用のマイクは選ばずに音はレコーダーで別撮りするなり、マイクを別のところに設置した方が良いです。

とはいえノイズリダクションでなんとかなるレベルです。

終わり

今回はmamenのmic-07を紹介しました。

僕はかなりの安いのにクセが少なく低ノイズなので気に入りました。

Amazonでもmic-07の上位機種mic-07 proが販売されているので、気になる方は販売ページをのぞいてみてください。