楽器フェア2018 その4 BAD CATを試奏してきました

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXは
新規入会生を募集しています。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
楽器フェアが横浜に移ってから音の渦で試奏をしても、音がなんだかよくわからないので意味ないと考えていて今回も試奏はやらない予定でした。

そのつもりだったけれど今回、島村楽器が簡易の防音ブースを作っていてBAD CATのアンプの試奏ができたので、Don Groshのギターを借りてHOT CATを試奏してきました。

小川銀次さんが15年ぐらい前にBAD CATのHOT CATでライブをやった時の音が忘れられず、いつか弾いてみたいと思っていたアンプでした。
すぐYAMAHAに戻していて、直接本人になぜ変えたのか聴いたらバンドサウンドと合わなかったと言われました。

ハリのあるクリーンサウンドと、クセがないオーソドックスな歪みが好感を持てました。FENDERとMARSHALLの長所を掛け合わせたようなサウンドでしたね。
アンプは色々使ってきましたが、自分の演奏スタイルにはまるアンプと初めて出会った気がします。買おうかなあ〜高いなあw

ただ最初に書いた通り音の渦の中で弾いていて、低音と高音がマスキングされいい感じの音になっている可能性も否めないので、楽器店でもう一回確認しないといけないかもしれません。なんせシングルコイルのピックアップにアンプのゲインフルテンで弾いてノイズが聴こえないレベルだったのでw

あと本当はVOXのMVシリーズも試奏しようと考えていたけど、30分以上弾いている人がいて試す機会がなかったので今回はパスしました。




試せなかったやつw
試せなかったやつw