歪み系エフェクター入門2 メーカーと定番機種 BOSS編

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
最近は大量生産&中国製品に対抗したハンドメイド&高品質をうたっているブティックメーカーがあります。

歪みに関しては最終的には好みの問題なので、どっちがいいという話ではありません。

ただ、好みがよくわかっていない時から高すぎるブティックメーカーのエフェクターを使い始めるのもどうかと思うので、割と昔から定番と言われているメーカー、エフェクターを選んでみました。

今回はBOSS編です。

SD-1

アンプのブースターとして使うか、単体で使う場合はコードバッキングで使うと良いかも。

ソロで使う場合はフロントPUで使った方がいいです。あと値段が安いのはいいですねw

説明文に「ピッキングの微妙なニュアンスを生かした」と、書いてあったら歪みが浅いと考えていいです。

SD-1Wという上位機種があるが、正直SD-1にそこまでいい音を求めている人が何人いるか疑問。

BD-2

SD-1より荒々しい為、ブルース系ギタリストに評判が良い。
ソロで使う場合はフロントPUで使った方がいいです。
やっぱりコードバッキングの方がいいかな?

BD-2Wという上位機種がある。

OS-2

オーバードライブとディストーションをつまみで選べるので中間も選べます。

切り替えが手動なのが残念だけど、アンプによって変えられるので便利かも?

JB-2

OS-2はオーバードライブとディストーションが選べ、

このJB-2はJHSのアングリーチャーリーとBD-2が選べるモデル。

まださわった事はないが個人的に気になっている機種です。コラボ商品なのでお値段お高め。

DS-1

BOSSのディストーションの代表モデル。

Steve Vaiがメインで使っているモデルです。

よく歪む割にクセが少ない印象です。

SD-1同様、お値段控えめで好感が持てますw

DS-1Xという高級機種がありますが、値段3倍で効果も3倍とは考えづらいです。お好きならどうぞ。

MT-2

とってもよく歪みます。某打首獄門同好会の大澤君(当時はバンダナがトレードマーク)が一人で弾いてると気持ちいいけど、バンドに入ると全然駄目w
と言っていた思い出があります。

BOSSはこんな感じですかね。次回は違うメーカーを書きます。