歯がボロボロや〜

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
二年前に買った
78年製のTaylorのアコギがあり、
鳴りが良く気に入っています。

ただ買った当時から
弦を止めるブリッジピンが
虫歯になった歯のようにボロボロで
部品としての寿命は過ぎている
と感じていました。

見づらいけどこんな感じ

(こんなに曲がるものなんですね。)

元々ついていたブリッジピンは
穴のサイズよりブリッジピンが
小さくて場所によっては
かなり穴に沈み込んでいる
ブリッジピンもあったので
それも交換しようと思う一因でした。

それでもピンは使えていたので
交換する意欲がわかず、
後回しにしていました。

このままだと交換しないなと思い
思いきってSound Houseで
エボニー製のブリッジピンを
注文し先程交換しました。

http://moridaira.jp/posts/graphtech-tusq-bridge-pins

パーツ専門会社のHPを読み
サイズに注意して選んだので
購入したブリッジピンは穴と
ジャストフィットしている為、
穴へ入り込みがなく満足しています。

サイトなどでは音が変わった!!
みたいな事が書いてあるけれど、
正直、それ程変化したとは
思えませんでした。

ボロボロで不安が残るものより
新しい方が安心感があるので
その点は良かったです。

エボニーのブリッジピン
エボニーのブリッジピン トラディショナル Taylorはこちら

エボニーのブリッジピン 細めのプレゼンテーション・タイプはこちら