薄いピックで演奏しても力が抜けない件について

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXは
新規入会生を募集しています。
お問い合わせはakz@analogkidz.comまで

 
前回アップしたブログの通り数日前からEX.HARDのピックを使って練習をしています。

弦の抵抗感が増すので無意識にピックがずれないように指に力が入っていました。
結果、弦に対しピックが斜め入り、あり得ない削れ方をしていて、力が入り過ぎている事を認識しました。

こんな感じ↓

斜めに当たっているから変な所が削れています。

今の硬い素材のピックに変えた直後もこんな風に削れていました。指に力が入り過ぎているという原因がわかっていたので、現在調整中です。
悪戦苦闘しているEX.HARDで弾いた後、HARDで弾くと抵抗感がかなり減るので楽になりました。

生徒でストロークをやりやすくするために、薄く柔らかい素材のピックを使う生徒がいます。
それだとピック自体がしなってくれるので、しっかりと持つ事ばかり意識し、力を抜く事を覚えず道具に頼りっきりで技術が身に付かないためピッキングが上手くなりません。
最近は練習の間だけでも厚めか硬い素材のピックを使うように言っています。

練習で使う道具は若干やり辛い状態で弾き、人前で演奏する時は元の扱いやすい道具に戻した方がやりやすくなるのでおすすめです。