2拍3連の練習法2

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
いよいよ2拍3連の練習に入ります。
練習に入る前に必ず下の練習をできるようにしてください。

2拍3連の練習法1

その1 勘のいい人向け


昨日は1拍3連を右手左手交互に叩く練習をしました。
この練習をやりながら左手を叩くのをやめ、右手のみ同じリズムで叩きます。これが2拍3連になります。
高校生の頃、有名私立付属高校に通っていた友人が実演つきでやってくれました。私はできませんでしたw

理屈はわかるけど、できない場合は「その2 理詰めで説明(別名・力技)」へどうぞ。ちなみに私はこっちタイプですw

その2  理詰めで説明(別名・力技)

3連だと余裕が出てこないので4分音符の3/4に一旦直します。(3/4が出せるメトロノームだと後々やりやすいです。)

4分音符に落とすとクリックに合わせ叩くので、かなり考える余裕が生まれます。その余裕を利用して音符を1つ飛ばす感覚に慣れましょう。
とにかくゆっくりでOKです。

慣れたらテンポを上げ、処理しきれなくなったら最初のテンポ+α程度まで落とし、再度テンポを上げる練習をします。

4分で170〜200ぐらいのテンポで慣れたら3/4の1拍目だけ足でカウントして同じ事をやってみましょう。クリックの補助はあるもののこれが2拍3連です。

これに慣れたらクリックの補助を無くし、今やっているテンポを1/3にして同じ事をやれば2拍3連になります。(4分で180なら3連で60)
クリックの補助有りに慣れているので最初は自分で3連を作るのが難しいと思います。口で1拍3連でカウントしリズムを作ってからトライした方が安定感がでるので、焦らずに練習しましょう。

練習の順番は

「足」>「口」>「手」

の順番です。生徒を見ていると大抵の人は逆にやろうとしますw

最後に

2拍3連を書いていてふと2拍3連の感覚がわからない人もいる事に気がつきましたw
BeatlesのTwist&Shoutのエンディングで2拍3連がでてきますので聴いてみて下さい。