【動画】2020年5月買って良かったものランキング

GT MAXXからのお知らせ

大宮のギター教室 GT MAXXは

新規入会生を募集しています。

お問い合わせはinfo@gtmaxx.comまで

GT MAXX YOUTUBE CHANNEL

チャンネル登録お願いします!!





コロナの緊急事態宣言が解除された2020年5月ですが皆さんはどうお過ごしだったでしょうか?

今月も買って良かったものベスト5を紹介します。

第5位

第5位は

AVAIL 花柄のシャツ

です。

今、着ているこのシャツが第5位です。

運動のため自転車に乗り、途中AVAILに寄って店内を見ていたら目にとまり買いました。

2500円と値段の割に良い感じだったので気に入っています。

ファッションセンターしまむらのグループ会社のAVAILは靴下や下着類などが、かなり安く売っているのでオススメです。

最近話題のワークマンよりも安い時がありますw

こういった柄は以前は買わなかったのですが、T3S1のボーカリストに男性では珍しいぐらい花柄など柄物が似合うと言われた事があったので、最近では意識して買うようにしています。

第5位はAVAILの花柄のシャツでした。

第4位

第4位は

ALLAN HOLDSWORTH フランクフルト 86

です。

2020年2月3月買って良かったものベスト5の第1位に選んだALLAN HOLDSWORTH Live in JAPAN 1984の2年後にドイツでのライブのDVDです。


(紹介動画)


(1984年のライブDVD)

以前紹介した時にLIVE IN JAPAN 1984はそれまでの集大成的な作品と言いました。

1984年と1986年を比較してみるとボーカルが抜けた事で歌モノが無くなり、ピアニストが参加した事でよりジャズ寄りのサウンドになっています。

特にこの時のピアニストがケイ赤城さんという、この後にマイルスデイビスのバンドに参加する日本を代表する優れたミュージシャンです。

ホールズワースの難しい曲も消化しきって自由にソロを弾いているので本当に凄いです。

サウンドの変化として一番わかりやすいのはシンタックスというギターシンセを使い演奏しています。

これを使いこなしているのは世界でもホールズワースだけなので一度見ると面白いと思います。


↑シンタックスを弾くホールズワース

専門的な話になりますがコンビネーション・ディミニッシュを使って曲を作り始めた時期で、より独自の世界観を形成していくタイミングの映像なのでホールズワースマニアにとってはかなり興味深い時期の映像と言えるでしょう。

シンタックスを演奏しているところだけでもいい感じに気持ち悪くて面白いですw
(注・褒めてますw)

第4位はALLAN HOLDSWORTHのDVD フランクフルト86でした。

第3位

第3位は 

COLOSSEUM II LONDON&KOLN 77

です。

ギタリストのGARY MOOREが参加していたインストのロックバンドのライブCDです。

僕が所属していたANALOG KIDZは、このCOLOSSEUM IIに強く影響を受け活動していたので強く思い入れがあるバンドの一つです。

前半のイギリスのライブは2ndアルバムエレクトリックサベージ発売後の演奏。

後半のケルンのライブは3rdアルバム ウォーダンス発売後の演奏です。

ケルンではドラムのジョンハイズマンの壮絶なドラムソロがあり聴きどころです。

両方ともに高いクオリティの演奏をしていて、勢いがすごいですね。

まさに怒涛の勢いといった感じです。

こういった全力をつくして演奏するタイプのバンドは、魂を削ってやる側面があり2-3年で燃え尽きる傾向があります。

コロシアムIIも3年の活動で終止符をうちます。

どこかで休みがない限り人間が限界に挑み続けられるのは2-3年が限度なんでしょうね。

インストが聴きたいけれど箱庭的なフュージョンサウンドではないものを聴きたい方にオススメです。

特にロックが持つパワーを失わずに超絶アンサンブルで演奏するバンドを聴きたい方は必聴でしょう。

第3位はCOLOSSEUM II LONDON&KOLN 77でした。



第2位

第2位は

ROCKTRON G.D.P.

です。


(紹介動画)

【動画】MY NEW GEAR!! 隠れすぎた名機シリーズ Rocktron のハーフラックのディストーション「G.D.P.」はめちゃくちゃ音が良すぎる

32年前に発売されたROCKTRONのディストーションです。

クリーンブースターからディストーションまで幅広く音作りができ、ノイズリダクションHUSHが内蔵されているので使い勝手の良いエフェクターです。

これも一度、動画にしていますのでご覧ください。

6月から再開する予定のリハーサルで使う予定なので録音をしたら動画でアップしますので乞うご期待。

今月はDVDとCDが2枚ランクインしました。

ROCKTRONのG.D.P.もそうですが10代の頃に触れていた音楽や機材を買ったせいか、こういったバンドをもう一回やりたくなってきましたw

コロナが落ち着いてきたらメンバー探しを始めようと思いますw

第1位

今月の買って良かったもの第1位は5月最終日の31日に到着したこの箱!!

これのせいで台本を書き直したので公開がおくれましたw

中身は
(ブラックマジックウーマンのイントロを歌いながら)

テレー

BLACKMAGIC DESIGN VIDEO ASSIST 5

です。

このフルHD対応のVideo Assistは昨年末に惜しまれながら廃盤が決定し、すでに見当たらなくなったビデオモニターです。

現行品は4K対応のモデルやマイクロBNCコネクタ対応のモデルなど旧モデルより倍近い値段のものしかありません。

現行品は自宅で使うものとしては、ちょっと高いなあと思っていてネットで探していたら古いモデルをたまたま見つける事ができ購入できました。

VIDEO ASSISTのいいところ

このVideo AssistはHDMI接続でモニターにする事ができます。

さらに入力したものをSDカードに録画できる機能が付いています。

この録画機能がある事が、このSONY a6300にとっては好都合なんですよ。

SONY aシリーズは普通に撮影すると30分で録画が自動的に終了する制限があります。

a6300では録画をせず、HDMIで出力しVideo Assist側で録画すれば30分の録画制限の機能が働きません。

以前からa6300でライブ撮影したいと言っていましたが、それはこのVIDEO ASSIST抜きでは成立しないものでした。

また、オンラインレッスンを開始するにあたって、30分の録画制限はかなりネックだったのでVideo Assistが絶対に必要だったので購入しました。

Video Assistはこれから実際に使ってみてから、感想を伝えたいと思いますので今回はこのくらいにしておきます。

2020年5月買って良かったもの第1位はBLACKMAGIC DESIGNのVIDEO ASSISTでした。

まとめ

以上、2020年5月買って良かったものベスト5でした。

今月は自分の音楽の原点に近いものを買ったりこれからやる事の投資に使ったので満足しています。

まだオンラインレッスン用に色々揃えないといけないので来月はそれ関係の紹介が多くなると思います。