ANKER初のUSBマイク ANKER POWERCAST M300




ANKER POWERCAST M300

今回紹介するのはANKER POWERCAST M300です。

在宅ワークや配信が認知された現在、満を持して発表されたANKER初のUSBマイクです。

Anker PowerCast M300(コンデンサーマイク)【 USB-C接続/ヘッドホン出力 / 360度角度調整 / 単一指向性/コンパクトサイズ/ストリーミング/会議用マイクスピーカー/実況/配信/PC / PS4 / PS5】

価格は6980円でお手頃な価格のUSBマイクです。

2年ぐらい前は1万円以上出さないとまともなマイクがあまり無かった事を考えると、この1〜2年で急激にUSBマイクのクオリティが上がり方は目覚ましいものがありますね。

ただね、ただ安いのとコスパが高いのは別の話なのでどんな感じか試してみましょう!!

同梱物

マイク本体、台座、USBケーブル (TYPE-C to TYPE-C)、USBケーブル (TYPE-A to TYPE-C)、取説、クイックスタートガイド、カスタマーサポート

スペック

96kHz/24Bit対応の単一指向性のコンデンサーマイクです。

電源の供給方法はUSBバスパワー。

16mmの大型コンデンサーマイクを搭載し集音します。

重さは400g、高さは18.6cm

縦方向に180度、横方向に360度の回転が可能な構造を採用し、集音しやすい向きを設定できます。

ゲイン調整のつまみがあり手元で音量のコントロールができます。

つまみを押すとミュートのON/OFFの切り替えができます。

接続端子はUSB TYPR-C、もしくはTYPE-Aです。

TYPE-C対応なのでType-CのiPadとかもいけそうですね。

ヘッドフォンアウトを搭載しているため、リアルタイムで音を確認する事ができます。

RGBというボタンを押すと光る色が変わりますw

マイクの音

ANKER POWERCAST M300の音です。

他のマイクとの比較

それではRAZER SEIREN MINI、BLUE SnowBall iCeと比較してみましょう。

ANKER POWER CAST M300

RAZER Seiren Mini

BLUE SnowBall iCe




音の感想

ANKER POWERCAST M300は割とスッキリした音で集音できますね。

もっと上手く集音できたかもしれませんが、ファースト・インプレッションはこういう感想を持ちました。

比較したマイクの感想

RAZER SEIREN MINI

RAZER SEIREN MINIはコンパクトな分、若干線が細いです。

あと集音能力低めですね。

今回の比較パートでの音量は約3倍上げて他のマイクと同等の音量になりました。

逆に言うと音が割れにくいので、編集しやすくリアルタイムではない動画で使う分には問題ありません。

配信だとゲインや音量で調整しないと使いづらいですね。

コンパクトで場所を取らないので机のスペースを節約できるのは良いところです。

また外出など持ち運んで使う時も便利です。

BLUE Snowball iCe

BLUE Snowball iCeはRAZER SEIREN MINIと違い、サイズが大きくヘビーデューティーなマイクなので、音のクリアさや集音能力の高さは一番でした。

RAZER SEIREN MINIでは 音量を上げたけれど、BLUE Snowball iCeはその逆でむしろ入力レベルを限界まで下げました。

それでちょうど良いぐらいなので音量調整のシビアさはかなり高めです。

(盛り上がったところで音割れとか発生する可能性があります。)

あとサイズがでかいので机の上に置くと結構邪魔ですねw

重さもあるので持ち運びもないかな。

ただ音は今回試した中では一番良いですね。

ANKER POWERCAST M300

ANKER POWERCAST M300はRAZER SEIREN MINIとBLUE Snowball iCeのいいとこ取りした感じのマイクですね。

サイズはRAZER SEIREN MINIより少し大きく、BLUE Snowball iCeよりはかなり小さいサイズで、机の上の場所を大幅に取られるような感じにはなりません。

重さもRAZER SEIREN MINIより少し重い程度なので持ち運びも許容範囲内といえます。

集音能力はBLUE Snowball iCeほど良くはありませんが、RAZER SEIREN MINIよりはしっかり音が取れますし、他2つのマイクと違いゲイン調整のつまみがあるので、音量の調整が簡単にできるのもポイントが高いですね。

そんな感じなのでかなり使いやすいマイクです。

気になった点

気になった点は録音を開始すると高めの周波数でノイズが出てますね。

電源ノイズの場合はもっと低い周波数でのノイズなのでパーツ由来じゃないかなあ?と考えています。

まあ、値段が値段なんであまり良いパーツは使ってないみたいです。

話しているとノイズは対して気になりませんし、エクスパンダーやノイズリダクションでなんとかなるレベルなのでそこまで神経質になるレベルではないです。

ノイズ除去

とはいえ、気になるととことん気になるのがノイズなので、ノイズリダクションソフトiZotope RX8 elementsを使ってノイズをとってみましょう。(イヤホン、ヘッドホン推奨)

素の状態

YOUTUBEでアップした時に高音域がかなり削られるので分かりづらいですが、話す前の無音部分にキーンという高い周波数でノイズが乗っています。

RX8でノイズ除去した音

ちゃんと消えましたね。目立ちにくいノイズなので何らかのノイズキャンセルすれば大丈夫です。

まとめ

今回はANKER POWERCAST M300を紹介しました。

使いやすさや音質など良い点もありますが、反面、ノイズ対策をしないといけない点もあります。

それらをひっくるめても、かなりコストパフォーマンスの高いUSBマイクです。

ANKER POWER CAST M300オススメです!!

Anker PowerCast M300(コンデンサーマイク)【 USB-C接続/ヘッドホン出力 / 360度角度調整 / 単一指向性/コンパクトサイズ/ストリーミング/会議用マイクスピーカー/実況/配信/PC / PS4 / PS5】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です