アコギとパワーコードについて1

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXは
新規入会生を募集しています。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
ハードロックなどでおなじみの3度の音がなく、1度+5度or1度+4度で構成されているコードをパワーコードと呼びます。

6弦ルートのF#パワーコード

5弦ルートのBパワーコード

押さえる指は下の音程から人差し指、薬指、小指で押さえています。Xの部分は人差し指でミュートです。5弦ルートの場合は人差し指の先で6弦に触りミュートします。

両方共に下の音程から1度、5度、1度(オクターブ上)の順番に並んでいます。

3度が無い為、メジャーコードもマイナーコードも関係がなく、この形のまま横にずらしたり弦を変えたりすれば人差し指で押さえている音のパワーコードになります。

パワーコードはエレキから始めた人は何かしらの曲をコピーすれば普通に出てくるので馴染みがあるけれど、アコギしか弾いていない人はほとんど出てこないのでパワーコードには馴染みがありません。(人によっては概念すらない場合もある。)

明日はこの馴染みがない事が原因でバレーコードを押さえる時に指の無駄な動きが生まれている話をします。