バレーコードの練習方法

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
コンプの事を書いたら飽きてので、ギター教室っぽい事を書きます。

これまでバレーコードを弾く為に、フォームの修正や人差し指の押さえ方のコツ、パワーコードで感覚をつかむ方法などを書いてきました。
(まだ書いていないけど、指のバランスもあります。)

エレキの場合、これらをクリアすれば大抵弾けるようになります。

例外的に女子小学生でアコギを弾いている場合、単純に握力が足りない場合があります。
(とはいえ、ギターを弾く為握力はそんなにいらないですが)

弦のテンション(押さえづらさ)は

アコギ > エレキ > クラシック

の順なので、

握力が低い方はエレキやクラシック・ギターでバレーコードを弾く感覚を掴むといいかもしれません。

実際レッスンでアコギだとバレー・コードが鳴らなかった女子小学生がエレキだと鳴った事もあります。

それでも鳴らない時は単純に弾く力が養われていないので、バレー・コードよりももっと簡単な事を、しっかりできるようにしたり、指練習などで各指のバランスを整える必要があります。




過去に書いたバレーコードに関する
注意点、練習法一覧

コードを押さえる時の手の入り方

自分の都合では上手くならない

Fコードで挫折したあなたへ

アコギとパワーコードについて1

アコギとパワーコードについて2

バレーコードの移動