緊張との付き合い方

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 

緊張感の正体

大抵の人は人前で演奏する時に緊張をすると思います。自分も相当な緊張しいなので人の事は言えないですが、緊張感は人前でこうありたいという自分の理想像と、自分が実際に持っている技術(現実)のギャップから生まれるので、そこまでの準備でギャップを埋める事が重要になります。
(それでも自分は緊張してるけどw)

緊張しなさすぎも問題あり

とはいえ人前で何かする時に事前にまったく緊張感がないのも問題あります。非日常に入る準備が整っていない可能性があります。自分の場合、本番で急に緊張するパターンはこれですね。

また気負いすぎて冷静さを失うと致命的な失敗につながるので、頭は常に冷静にし、やるべき事に集中する事を意識しましょう。ゆっくり呼吸をすると副交感神経が働きリラックスできる効果があるという結果もあるので、意識してゆっくり呼吸をするのもいいかもしれません。

諦めが肝心

基本的に実力以上のものは出ないと諦めて、成るようにしか成らないと思うのも大切です。
逆に言えば成らないようには成らないですし、そう考えればいい意味で開き直れますしね。

最後につけくわえるとしたら演奏直前の緊張よりも、普段の練習で緊張感を持って取り組んでいるかなどを気にした方が良いと考えます。