ビブラート

チョーキングだと上げきれない音程でも、ビブラートならそれ程上げなくても大丈夫なので、腕の回転の練習はビブラートの方がやりやすいかもしれません。
チョーキングと同様にビブラートも腕の回転を利用して行います。最初のコツとしては音程の上げる幅を均一にする事を心がけて下さい。
ここがブレるとビブラートをしているように聞こえません。

その後、様々な音の幅やスピードを試し、最終的にはミックスさせると表現力が上がります。

あと大事なポイントがあります。感のいい方はわかると思います。

大事なもの、、、そう、顔!!

ロングトーンになればなるほど大事です。 ヨダレが出たらさらに良し。

チョーキングのやり方

一番効果があるチョーキングの練習