録音の失敗話 〜初期反射〜

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXは
新規入会生を募集しています。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 

スピーカーとマイクを密閉して音を外に漏れないようにするアイソレーション・ボックス(サイレント・ボックスともいう)というのがあります。

私も持っていて小型のアイソレーション・ボックスの中にコンデンサー・マイクが入っていました。
(マイクの交換はできない。あと中の開け方もわからない。)

いざ録音で使ってみるとコンデンサー・マイクの感度の良さが災いして、初期反射の音を拾いまくって常にリバーブがかかっているような音になってしまい使えませんでした。

これがコンデンサーから超単一性のダイナミック・マイクを変更したり、中を開けマイクの周辺に反射音を避ける為にプラ板を設置できれば解決できるのですが、いかんせんマイクの変更はできず、中の開け方がわからないので、今は物置に眠っていますw

あまり音が出せない環境になったらアイソレーション・ボックスを経由して、スピーカーやヘッドフォンで音を鳴らすのもありかな。

追記
マイクはコンデンサーではなくダイナミックが搭載との事で私が勘違いしていました。