変拍子4 Tubular Bellsで練習だ

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 

変拍子について書こうと思ったのは、ピッキングの練習でMike OldfieldのTubular Bellsを取り入れようと思い、まずは教える為に自分の練習をしていた時、昔みたいに変拍子の頭を意識しなくても弾けるようになっていて、それは何故なのか考え始めた事がきっかけでした。

ここ数年、5-5-3-3とか7-7-2のパターンを練習していたので、それが原因かなと思いブログにまとめました。

ま、せっかくTubular Bellsに触れたので

Mike Oldfield “Tubular Bells”

Tubular Bellsの場合、7/8 x 4 + 2/8か7/8 + 7/8 +7/8 +9/8です。7は4+3で分かれています。
7/8+7/8=7/4なので四分でカウントしても問題ありません。
(その代わり7/8の二小節目のフレーズは八分の裏から始まります。)

7/4で弾けるようになれば7/4×2+1/4と数えた方が楽です。
特にこの曲の場合は最初のフレーズを延々繰り返さないといけないので、大きくのってリズムをキープする事が重要になります。
幸いドラムが入っていないパートなので7/8の頭(特に二小節目や四小節目の頭)を意識しなくても良く変拍子を大きくのる練習にはいいかなと。

最初に出てくるフレーズをギターで弾く時、フレーズは1弦だけで弾けます。
上下の弦移動がないのでオルタネイト・ピッキングを集中してでき、かつフレーズを4分近く弾くので持久力がつきます。
特に初心者は持久力が問題なのでこれはいい練習になりますね〜。

同じ開放弦Eなので慣れてきたら6弦でやるのも面白いです。
テンポを変えられるアプリがあれば速くも遅くもできますね。
(その前に曲の長さを編修しないといけないけどw)

有名曲なのでスコアも検索すれば出てくるので練習あるのみ
(譜面がBLOGに表示されるので、hを消しています。)
ttps://musescore.com/user/5536576/scores/4773621

変拍子シリーズ

変拍子

変拍子2 練習法

変拍子3