構成譜を書こう1

GT MAXXからのお知らせ
新宿・大宮のギター教室 GT MAXXでは
新規入会生を募集中です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
https://gtmaxx.com

 
ネタ切れだ〜なんて思いながら、レッスンに行くと2~3個ネタが出来たりするものです。

色々な譜面

弾き語りをする人などは歌本やこういったサイトを見ていると思います。
http://www.ufret.jp/song.php?data=32138

エレキならバンドスコアがあります。

問題点

前者は歌詞をメインにコードが書かれたもの、後者はバンドに関わるパート全部の譜面が載っています。

共に問題なのは

曲の構成が俯瞰して見えてこない点

にあります。

前者の場合、一小節の長さ、コードの区切り、キメがある場合どのリズムで弾くのか曖昧など構成そのものがわかりません。

曲を知っていないと初見でやる事は不可能です。こういう歌詞メインの譜面は弾き語り以外は使えないもので他の人と一緒に演奏する時には使わない方が賢明です。

後者は逆で情報量が多すぎて、ページ数が増えている為、曲の構成を俯瞰して見る事ができません。

フレーズの練習は役に立ちますが、これを見ながらライブをやる、初見で演奏させるのは不可能です。

とはいえ、両方共ヒントになるので構成譜を作る時には使いましょう。
(譜面が間違っている時もあり自分で確認するのも大切。)

これから構成譜を作る順序を書いていきたいと思います。

構成譜を書こう2(心得と準備)

構成譜を書こう3(書き方の違いを楽しむ)

リードシート1

リードシート2

2018年7月20日 大幅加筆修正